読んだ本の感想・レビューを書いてます。お気に入りの作家は、東野圭吾・よしもとばなな・伊坂幸太郎・道尾秀介などなど他にもたくさんいます♪

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
        

PROFILE

profilephoto

CATEGORIES

ARCHIVES

    

RECOMMEND













スポンサーサイト

            

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • 2013.01.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

加納朋子「七人の敵がいる」女にだって敵がいる。全てのお母さんにエールを!

            
評価:
加納 朋子
集英社
¥ 1,470
(2010-06-25)
コメント:女にだって敵がいる。全てのお母さんにエールを!

PTA、学童、教師、夫に姑、我が子まで。上司より、取引先より手強いモンスターが次から次へと現れる!?困惑、当惑、そして笑いと涙の痛快PTAエンターテインメント!ワーキングママ、専業主婦に、育児パパ、そして未来の子持ち候補たち必読小説。
「BOOKデータベースより」


育児と仕事を両立してきた陽子。息子の小学校入学で少しはラクになるかと思いきや、仕事よりも想像以上に大変な日々が待っていた!

いやあ、これは笑えた。
というより、ママって大変なんだなぁって改めて世の中のママを尊敬した!

私ね、友達が子育てをしているのを見てると、本当に大変なことをよくやってて偉い!っていつも思ってるんだ。子供ができると生活が一変する。今は、イクメン(育児を積極的にする男性)って言葉もあるけど、まだまだ少数だと思うし・・・。

そして頭もよく編集者としてバリバリ仕事をこなす陽子は、PTAや学童の役員決め、町内のお祭りやら、今まで想像も経験もしてなかったことに右往左往!その姿は、本当に笑えるやらハラハラするやら感心するやら。

陽子がさー、空気読まなくて地雷踏みまくるのよ!
あっぱれな正論を振りかざすんだけど、まー浮きまくり!
だからこそ、面白い!

きっと、子供を育てたことのあるお母さんには、似たような経験があって、そうそう!と思うんだろうなーってことがよく分かるし、未知の世界であるPTAの仕組みも分かってなかなか興味深い。

専業主婦でも、働く主婦でも、年齢や立場が違っても、子供がいればみんなお母さん。それってすごいことだよね。でも全てのお母さんが子供のことを大切に思ってる。女ってこうやって逞しくなっていくんだなーって思う。

陽子はどうやって仕事と子育ての両立をしていくのか。
最後では感動と圧巻の展開!

子供がいてもいなくても楽しめる作品。そしてお父さんにも読んで欲しい1冊!


JUGEMテーマ:読書



| 1/1PAGES |